わき脱毛 肌トラブル

脱毛肌トラブル|脱毛法によってケースはさまざま!?

わき脱毛は、自分で行っている人もいるかもしれませんが、肌トラブルなども起きやすいといわれています。

 

どのような脱毛を行うかによっても違いがありますが、例えばカミソリなどの場合には傷跡からバイキンが入ってしまって炎症になったり、色素沈着が起きて黒ずんでしまったというのはよくあるケースです。

 

また脱毛クリームのようなもので炎症になってしまって赤く腫れたり、色素沈着になるというケースもあります。

 

では脱毛クリニックや脱毛サロンなどで脱毛したら肌トラブルにならないのかというとそうでもなく、例えばレーザー脱毛や光脱毛の場合にはやけどのリスクというものがあります。

 

レーザー脱毛や光脱毛というのは、メラニン色素に反応して熱処理で毛根を破壊するという方法になるのですが、日焼けをしていたりほくろがあったりすると、そこだけ熱が高くなってしまいやけどになってしまうというわけです。

 

またもともと皮膚が弱かったり、感想肌の方のなかには特に敏感に赤くなってしまったり、痛みを感じてしまうケースもあるようです。

 

このような肌トラブルがあった場合ですがクリニックなどの場合には、医療行為が可能ですので医師の診察などを受けることができる場合が多くなっています。しかし格安の脱毛サロンなどの場合には治療費の保障がないばかりか、返金保証もないものも多くなっていますので、これから脱毛サロンを利用しようとしているのであれば、トラブルがあった際の対応をチェックしておきましょう。