脱毛 やけど痕 店側との応対

脱毛でやけど痕が残ってしまった場合|店側との応対と治療法

レーザー脱毛の場合にはレーザーで毛根を破壊するという治療法になりますので、どうしてもやけどのリスクというのはついて回ってしまいます。

 

では脱毛でやけど痕が残ってしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

レーザー脱毛はクリニックと脱毛サロンで受けることができますが、これらの場所での応対というのは異なっています。

 

まずクリニックの場合には医療行為ができるようになっていますので、やけどをしてしまったらすぐに医師に診てもらいステロイド軟膏などを処方してもらうことができるようになります。

 

これに対して脱毛サロンなどのエステサロンの場合には医療行為ができませんので、薬剤処方などもありません。この場合には自己判断で皮膚科などに行かなければなりませんが、この費用についてはサロンによって違いがあるといわれています。

 

良心的なサロンの場合には治療にかかった費用の保障はもちろん、肌のやけど痕を消してくれるピーリングや美白エステなどを無料で行ってくれたりするのですが、対応の悪いところではまったく保障に応じてくれないというところもあります。

 

そのような対応の悪いエステサロンは、契約書のなかにやけどなどの保障をしないということをしっかり記載していたりしますので、後から文句をいってもまったく効果がありません。

 

レーザー脱毛の場合やけどのリスクは避けられませんのでクリニックで施術してもらうか、保障がしっかりしているサロンで施術してもらう必要があるといえるでしょう。

 

脱毛肌トラブル経験者が多く通うサロン

 

ハイパー脱毛【ディオーネ】の詳細はこちら