ニードル脱毛 やけど

毛根を破壊させるニードル脱毛は、点状の赤みと腫れのリスクがあります

一昔まえは脱毛といえばニードル脱毛というのが主流でした。このニードル脱毛というのは、ニードル(針)を毛穴に挿入して電気を流し毛根を破壊させるという脱毛方法になります。針を肌に刺して、しかも電気を流すという方法ですので、当然ながら肌トラブルが非常に多い方法だといわれています。

 

ニードル脱毛でよくある肌トラブルとしては、点状の赤みと腫れがあります。

 

1週間程度で赤みや腫れがひくのでそこまで心配はいりませんが、目立つ部分の脱毛の場合には少し気になってしまうことでしょう。さらに絶縁針や麻酔針を使用したときにはそこの部分が赤紫色の皮膚に変色してしまいます。

 

これも安静にしておくことによって元の状態に戻るといわれていますが、そのためには3週間程度待たなければなりません。またワキやヒゲの脱毛をした場合には皮膚が固くなってしまったり、リンパ腺障害や皮膚の知覚障害に発展する場合もあります。

 

さらには毛が再生される前に皮膚表面が埋まって皮膚の中で毛が伸びるようになってしまったり、雑菌が傷跡に入ってしまって毛のお炎といわれる脱毛部位が腫れる状態になってしまうことがあります。

 

これらの肌トラブルは、クリニックの場合には医師に診察してもらえますのでしっかり処置してもらうことができますが、脱毛サロンのような場合には医療行為ができませんので、万が一肌トラブルなどがあった場合には自分で皮膚科などに診察に行く必要があります。