レーザー脱毛 やけど 治療法

レーザー脱毛でやけどした時の治療法と対処法

医療機関のレーザー脱毛というのは、レーザーによって毛根を破壊するという治療方法になりますので、どうしてもやけどのリスクというのが生じてしまいます。

 

このレーザー脱毛というのはレーザーがメラニン色素に反応するという特性を利用した脱毛方法になるのですが、日焼けをしていた場合やほくろのようなメラニン色素がある場合にはレーザーが強くなってしまいやけどになってしまうことがあります。

 

このレーザー脱毛によるやけどというのは決して珍しいものではありませんので、これからレーザー脱毛を受けようと考えているのであれば具体的な対処法を考えておくのは良いことです。

 

基本的にはやけどになりますので、ステロイド軟膏などを塗布すると良いでしょう。

 

しかし具体的にどこを治療するのか、やけどの程度によってはしっかりした治療が必要になってきますのでやはり医師に診てもらうことが必要でしょう。

 

一般的にクリニックでレーザー脱毛をする場合には医師がそのまま治療してくれますので問題ありませんが、脱毛サロンのような場合には医師がいませんので、自分で皮膚科などに行って診てもらう必要があるといえるでしょう。

 

脱毛サロンのなかには、やけどの場合の治療費を保障してくれるようなところもあれば、まったく保障もないようなところもありますので、レーザー脱毛を受けようとしているのであればやけどになってしまった場合の保障をしっかり確認しておくことが重要です。

 

やけどした肌には美肌脱毛のハイパースキン脱毛!?