脱毛 顔 やけど

顔脱毛は絶対に失敗したくない部位。やけどになった場合は早めの処置を。

肌への影響が少ないといわれているレーザー脱毛ですが、乾燥肌や敏感肌の場合にはやけどをしてしまうというケースもあるといわれています。

 

とくに顔のような目立つ場所の場合にはどうしても気になってしまいますし、コンプレックスになってしまうことでしょう。

 

このレーザー脱毛によるやけどはスタッフの技術不足だけではなく、複雑な要素が関係してきますので完全にやけどを避けるという方法は皆無に等しいといえます。

 

脱毛で顔のやけどになってしまった場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

 

クリニックでレーザー脱毛を施術した場合には、すぐに医師が診てくれるようになっていますので比較的安心して任せることができるといえるでしょう。

 

しかし脱毛サロンの場合には医療行為ができないことになっていますので、薬剤処方などもできません。

 

それで脱毛サロンでやけどを負ってしまった場合には皮膚科などに自分で行って診てもらう必要があるわけです。

 

 

基本的にレーザー脱毛の場合のやけどは表皮熱傷(皮膚の表面だけのヤケド)になっていますので、そこまで深刻なやけどになることは稀ですが場合によっては色素沈着が起きる可能性もありますので、しっかり医師に診てもらうことが重要です。

 

とくに顔はやけど痕が気になる部分でもありますので、やけどになってしまった場合にはどのような保障があるのかなどをチェックしてからどこで脱毛施術を受けるかを決めるようにしましょう。


関連コンテンツ

やけどの心配がなく、敏感肌でもOKの脱毛法