光脱毛 やけど跡 治療法

光脱毛は軽いやけどが多い。しかし場合によってはやけど跡が残る場合も・・・

光脱毛というのは黒い色素にしか反応しない光によって毛根を破壊するという脱毛方法になるのですが、場合によってはやけどになってしまうことがあるといわれています。

 

光脱毛でのやけどの場合にはI度熱傷ですので、赤みが出てしまうという症状になるのですがやはり見た目が悪くなってしまうためどうしても不安に思ってしまう方が多いようです。

 

この光脱毛でやけど跡になってしまった場合には市販のステロイドなどを塗布するだけでも十分だといわれていますが、場合によっては水ぶくれができてしまうII度熱傷になってしまうこともあります。

 

いずれにせよ自分だけで判断するのが難しかったり、個人差がありますのでまずは医師に診てもらうことが重要になります。

 

クリニックで光脱毛をしてもらうという場合には、そのまま医師がいますのですぐに治療してもらうことができます。

 

しかし脱毛サロンのような場合には、自分で皮膚科などに行く必要がありますので注意が必要です。

 

 

有名な脱毛サロンなどの場合にはしっかり治療費などを保障してくれるほか、肌が元通りになるまでケアをしてくれるものがありますので比較的安心できます。

 

それでも脱毛サロンのなかには、契約書のなかにやけどの場合の保障がないことをあらかじめ記載しているサロンもありますので注意が必要です。

 

光脱毛だけではなくレーザー脱毛もやけどのリスクがありますので、これらの脱毛を受けようとしているのであればあらかじめ確認しておきましょう。

 

関連コンテンツ

 

肌トラブルが心配なあなたにおすすめの脱毛法

やけどの心配がなく、痛みのない脱毛法ってあるの?