ビキニライン脱毛 やけど赤

ビキニライン脱毛ではやけどや、赤く腫れる肌トラブルが意外と多い!?

ビキニラインはどうしてもデリケートな部分になりますので、自分で脱毛処理をしているという方も少なくないようです。しかしデリケートな部分だけに肌トラブルになってしまうというケースも多いといわれています。

 

脱毛処理として一番手軽だといわれているのがカミソリによる処理になるのですが、カミソリの場合には雑菌などが入りやすく赤く腫れてしまったり、色素沈着が起きてしまい黒ずんでしまうということもあります。

 

さらに脱毛クリームなどのグッズを使う方もいますが、肌が弱い方のなかには同じように腫れてしまうという方も少なくないようです。

 

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛をしてもらうというのもひとつの方法ですが、レーザー脱毛や光脱毛の場合にもいくつかのリスクがあります。レーザー脱毛や光脱毛というのはメラニン色素に反応して、その毛根を熱で焼ききるという方法になっているのですが、場合によってはほくろや肌などもやいてしまうことになるため、やけどの被害に遭いやすいというリスクがあります。

 

なかにはビキニライン脱毛をしようとしたところ、施術したところが赤く腫れてしまい結局水着を着ることができなかったという残念なケースもあります。

 

このようなやけどの被害というのは脱毛施術者の技術不足だけではなく、さまざまな要素も関係していますのでやけどを完全に避けるというのは難しいといわれています。脱毛をするという時には、このようなリスクについても考えておきましょう。