脱毛 やけど 治療法

【脱毛でやけどになってしまったら】適切な処置をしないと後悔することに。

脱毛サロンのなかにはレーザー脱毛や光による脱毛を行うところがありますが、なかにはやけどを負ってしまうケースというのも報告されています。

 

この原因としてはレーザーが適正な出力(ジュール数)ではなかった場合や、重ね撃ちや連続照射によるヘッドの温度上昇などちょっとしたミスによるものもあります。

 

脱毛サロンではなくクリニックでこれらの脱毛処理をしていたのであれば、すぐに医師に診てもらうことができますので、状態を診てもらい薬などを処方してもらうようにしましょう。

 

脱毛サロンのようなエステの場合には薬を処方することができませんので、皮膚科に行って必ず診てもらうようにしましょう。

 

脱毛処理による脱毛の場合には、市販の軟膏のようなものではなくステロイド軟膏等の治療が望ましいといわれていますので、簡単に処理を済ませないようにするというのがひとつのポイントになってきます。

 

人によってはこれらの処理を怠ってしまった結果、色素沈着を起こしてそこの皮膚が黒ずんでしまったり、逆に色素脱出(白斑)になってしまったというケースもあります。

 

レーザー脱毛の場合にはどうしてもこれらのやけどのリスクというのはついてまわるといわれていますので、やけどをした時の対処についてはまず頭に入れておくことが重要だといえるでしょう。

 

また上記にも挙げていますが、クリニックと脱毛サロンではやけどの際の対応にはかなりの違いというものがありますので、その点もあらかじめ知っておくと良いといえます。


レーザー脱毛や光脱毛で肌トラブルが起きたら、脱毛は諦めるべき?

脱毛クリニックやエステでやけどや、痛みに耐えられない人は脱毛ができないことは決してありません。

 

今では脱毛技術もかなり進化しており、脱毛で肌トラブルが起きた人や、にきび・アトピー肌・シミ・日焼けなどで脱毛施術を断られた人でも通える脱毛サロンもございます。その代表的な脱毛サロンがディオーネです。

 

このディオーネが話題になっている理由として挙げられるのが、ハイパースキン法といわれるこれまでにない画期的な脱毛方法を採用している点になります。

 

これまでの脱毛方法の主流となっていたのはレーザー脱毛や光脱毛といわれるもので、現在生えている毛に対してアプローチをしていくというものでした。これらの脱毛方法というのは熱で毛根を破壊させるという方法での脱毛になるため、痛みややけどの恐れもあり未成年者や敏感肌の方は施術することもできないものとされています。

 

 

しかしこのハイバースキン法というのは「毛の種」を消滅させて発毛そのものを停止させるというアプローチになっていますので、肌に対して悪い影響というのはまったくありません。

ちなみに施術時には特殊な光を肌に当てるということになるのですが、最高でも体感温度38度という温度になりますので、お子さんでも施術することができるようになっています。
またアトピーや敏感肌、乾燥肌というような方にも問題なく施術することができるようになっているのも人気の理由です。

 

このディオーネではこのハイバースキン法を取り入れることによってリピート率96%という満足度を誇っています。

しかしなかには脱毛にかんして不安に思うところがあるという方もいらっしゃることでしょう。そのような方のためにディオーネでは無料カウンセリングというものを設けていますので、不安に思ったことや疑問に思ったことなどを気軽に聞くことができるようになっています。

 

さらに体験脱毛が15000円分無料でできるようになっていますので、ハイバースキン脱毛方法というのが実際にはどのようなものなのかを体験することができるというのは良い点です。

 

何かを無理やり買わされるというようなこともありませんので、まずは体験コースに申し込んでみると良いかもしれません。

 

肌トラブルのないハイパースキン脱毛法を詳しく知りたい方はこちら

よく読まれている関連サイト